風俗やデリヘルやエステ体験情報

HOME >>  風俗エステについて > 座右の銘は「英雄色を好む」というものです。

風俗やデリヘルやエステ体験情報

座右の銘は「英雄色を好む」というものです。

私の座右の銘は「英雄色を好む」というものです。

 
わたしも一応は社会的地位を得ており、周りからは聖職者などと言われて尊ばれており、英雄的な一面を自分自身感じているところもあるので、風俗をよく利用します。

 
それだけに性機能のケアをするためにも、定期的に回春マッサージを利用しています。

 

先日も渋谷の行きつけの回春マッサージでマッサージを受けました。

普段肉体労働に従事しているわけでもないので、特に全身マッサージが必要と言うわけではありません。必要なのはあくまでも回春マッサージです。

 
私は女性にお願いして、全身マッサージは行わずに股間に集中した、マッサージを行ってもらいました。例外的に乳首だけはマッサージしてもらいました。

 
前立腺と睾丸を丁寧にもまれ、サオをしごかれたまらなく気持ちよいので、必死に目を閉じて精神を統一し、射精を我慢していました。

 
しかし女の子の攻めが厳しくなってきたので、ゆるやかな責めと時間直前まで寸止めし続けることを要求しました。

 
そして寸止め地獄のなかで気持ちよさと苦しさの板挟みになってあえぎました。

 
終盤は女の子の指示でちんぐりがえしの体勢をとり、睾丸をもまれながらしごかれました。

 
最後はあまりの気持ちよさに半狂乱になり、普段は冷静にふるまっている私が取り乱してしまいました。

 
そして激しい手コキに盛大に射精をしたのですが、その習慣に睾丸を締め上げられたことで大量の放出となりました。

 
こんなにすっきりしたのはいつぶりでしょうか、満足しています。

© 2013 風俗やデリヘルやエステ体験情報 All Rights Reserved.