風俗やデリヘルやエステ体験情報

HOME >>  風俗・エステ情報 > 無店舗型風俗エステの特徴

風俗やデリヘルやエステ体験情報

無店舗型風俗エステの特徴

最近では、風俗と言えば無店舗型がどんどんと増えています。各自治体の条例なども厳しくなっており、風俗店の新規出店がかなり難しくなっているのです。一方、無店舗型はそれほど厳しい規制がないのでどんどん増えています。

風俗エステについても、無店舗型が多くなっており今後、利用する機会も増えるでしょう。その特徴について詳しくお話します。

■無店舗型風俗エステの利用について

・電話
・受付所へ

無店舗型の場合は店舗を持っていませんので、ほとんどの場合は電話で受け付けを行います。また、受付所だけ設けている店舗もあり、その場合はその店舗で受け付けを実施します。

受け付けでは、女性の指名を行うか、どのコースを利用するか、どのホテルを利用するかなどを決定します。

女性との待ち合わせ方法は二つあり、

・路上
・ホテルの部屋

の二つから選択できる場合もありますし、どちらか片方を店舗側より指定されます。

ホテルに付いたら女性に料金を支払いプレイの開始になります。ちなみに、受付所で受け付けをした場合には、その時に料金を支払う場合もあります。

■無店舗型風俗エステのメリット

ホテルでサービスを受けられるので、店舗型のように他の方を気にする事もありません。エステを集中して受けられます。

■無店舗型風俗エステのデメリット

ホテル利用が多くなるので、ホテル料金もかかり総額では店舗型より高額になる事が多いです。ただ、特定のホテルを安く利用できるなど、ホテル側と提携している風俗店もありますし、プレイ料金にホテル代を含めている場合もあります。

© 2013 風俗やデリヘルやエステ体験情報 All Rights Reserved.